治験受託実績

治験受託実績

graph48

プロトコール・ニーズ(試験の受託)

  • 独立病室が複数あるため、プロトコールのデザインに応じ、男女別または用量の異なるステップの同時進行が可能。複数プロトコールの同時受託も可能。
  • プロトコール骨子段階でのご相談には常勤・顧問医師が対応させていただきます。
  • 事前の相談により、スケジュール固定が可能な試験においては症例数に応じ、ベッドの予約も承ります。
  • 試験薬剤、対象疾患領域、検査内容に応じ、提携医療機関より専門医を分担医師として登録することが可能です。
  • 調剤が必要な薬剤、投与経路に制限がある薬剤などにつきましても常勤薬剤師が対応可能です。
  • ITに強いCROや癌領域に特化したCROなど、特徴あるCROとも提携しております。

ピーワンクラブ

ボランティア登録数:約4,800名
  <パネル内訳>
    健康成人(日本人):約3,000名(内女性:約700名)、
    健康成人(白人):約500名(内女性:約100名)、
    糖尿病:500名、高血圧:80名、高脂血症:100名、
    腎機能障害:150名、肝硬変:10名、悪性腫瘍:30名、その他:100名

外国人(白人)ボランティア会

外国人スタッフ1名により500名の外国人(白人)ボランティアを管理
日本人と非日本人の同時参加による4試験の実績あり

その他

独自の募集ネットワークシステムにより迅速かつ的確に被験者を募集

ページの先頭へ